終了しました 

東北地方の産学官27団体で設立した「東北放射光施設推進協議会」では、世界でも最先端の性能を誇る中型高輝度放射光施設の東北地方への設置を目的とした「東北放射光施設構想」を提唱し、様々な取組を推進しています。

この度、下記日程で東北放射光施設についてのシンポジウムが開催されます。皆様奮ってご参加ください。

1 開催日時

  平成26年12月17日(水)13時30分から16時45分まで

2 開催場所

  秋田大学VBL(ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー)2階大セミナー室

3 プログラム

【第1部】
13:30~13:35 「開会の辞」 山本 文雄(秋田大学理事(研究・国際・産学連携・情報担当)・副学長)

13:35~13:45 「シンポジウムの開催趣旨説明」
         石尾 俊二(秋田大学工学資源学研究科材料工学専攻教授)

13:45~14:25 「農学への放射光の利用」
         中村 進一(秋田県立大学生物資源科学部生物生産科学科准教授)

14:25~15:15 「生命・医療・創薬への放射光の利用 -サリドマイドから考える-」
         小椋 利彦(東北大学加齢医学研究所神経機能情報研究分野教授)

15:15~15:30 休憩

15:30~16:40 「理工学への放射光の利用と産業応用」
         高田 昌樹(公益財団法人高輝度光科学研究センター利用研究促進部門長、
               東京大学大学院新領域創成科学研究科物質系専攻教授)

16:40~16:45 「閉会の辞」 鎌田 悟(秋田県産業技術センター所長)

【第2部】
17:00~18:30 「意見交換会」 秋田大学 大学会館

4 参加費

   無料(意見交換会は参加費2,000円)

5 申込方法

   FAX、Eメールのいずれかよりお申し込みください。

(1)FAXでの申込方法

   案内チラシ2ページ目の参加申込書に必要事項を記入し、以下まで送信して下さい。

   宛先:FAX番号 018-837-5356  秋田大学学術研究課

(2)Eメールでの申込方法

   件名を「東北放射光施設シンポジウム参加申込」とし、本文内に必要事項(開催日12月17日、所属、参加者の役職・氏名、電話番号、メールアドレス、意見交換会参加の有無)を明記して、以下まで送信して下さい。
   宛先:Eメールアドレス  staff@crc.akita-u.ac.jp


案内チラシ