本装置は、試料を一定速度で加熱しながら、試料の重量変化と熱変化を連続的に測定する示差熱熱重量同時測定装置(TG/DTA)、試料の熱量変化を測定する示差走査熱量計(DSC)、 試料の膨張・収縮などの寸法変化を測定する熱機械分析装置(TMA)及びそれらの制御部から構成されています。この装置により、新素材・新材料の開発や、自社の製品不良の原因解析などに対応可能となります。詳しくはパンフレットをご覧ください。


総合熱分析装置パンフレット