走査型プローブ顕微鏡は、レンズを使わない超高分解能の顕微鏡です。非常に細い探針の先端と試料表面の間の相互作用を利用して、表面の形状等を測定します。

詳しくはパンフレットをご覧ください。

走査型プローブ顕微鏡パンフレット