お知らせ
  • HOME »
  • お知らせ »
  • 電子光応用開発部からのお知らせ

電子光応用開発部からのお知らせ

「次世代ひかり産業技術研究会・IoTものづくり事業 光技術講演会」のお知らせ

 次世代ひかり産業技術研究会は、秋田県産業技術センターおよびALL(All Japan Lighting Laboratory)との共催で、第16回研究会を開催します。  今回は、レーザー技術総合研究所 主任研究員 本越 …

冷熱衝撃装置が新しくなりました

 熱膨張係数の異なる材料が接合されている部分に温度変化を与えると、膨張・収縮の際、膨張率の違いから応力がかかり、クラック(ひび)や破壊が生じることがあります。冷熱衝撃装置では、この温度変化を供試品に繰り返し与えることがで …

分光エリプソメーター用反射率測定モジュールが導入されました

 分光エリプソメーター(Spectroscopic Ellipsometer)は光反射による偏光状態の変化を測定し、フィッティング解析することにより光学定数や膜厚、薄膜構造などを解析する装置です。このたび反射率測定モジュ …

IoTへの取り組みについて

 これまで、産業技術センターでは、IoT(モノのインターネット)技術の普及を目的とし、様々な研修会等に講師として研究員を派遣してきました。その一例として、昨年度行われました「リアル工場IoT開発ハッカソン(https:/ …

紫外線カメラのご案内

本設備は以下の特徴があります。 ・可視光では認識しづらい、物体表面のキズ、しみ、むら等を映し出します。 ・出力画素1360 (H) ×10 24 (V)の高解像度で12fpsの出力が可能です。 ・PCとUSB2.0で接続 …

空圧落下衝撃試験装置のご案内

・空圧落下衝撃試験装置は、衝撃波形を発生させ、試料台に取り付けられた試験品にその衝撃波を印加することで、製品の耐衝撃性を試験する装置です。 ・ 複数の加速度・パルス幅の衝撃波形を生成することができます。 詳しくはパンフレ …

分光エリプソメーターのご案内

 分光エリプソメーター(Spectroscopic Ellipsometer)は光反射による偏光状態の変化を測定し、フィッティング解析することにより光学定数や膜厚、薄膜構造などを解析する装置です。この計測手法は高い膜厚感 …

日本で初!地域の技術者が実際の工場を ターゲットにIoT機器を開発する研修会~ リアル工場IoT開発ハッカソン ~

 秋田県デジタルイノベーション戦略室及び秋田県産業技術センターの研究員を講師とし、株式会社三栄機械の工場で、地域の他社の社員を対象にIoT(モノのインターネット)開発実践を行う研修会を実施中です。これは、日本国内で初の試 …

プラズマCVD装置のご案内

 プラズマCVD(plasma-enhanced chemical vapor deposition)は、プラズマを援用する方式の化学気相成長で、薄膜を形成する成膜法のひとつです。化学反応を活性化させるために高周波を印加 …

IoT技術普及への取組

 今世の中ではIoTが話題になっていますが、秋田県では「IoT基礎技術研修会」を開催しており、産業技術センター研究員が講師を務めております。  本研修会では、実習を通してIoT技術を製造現場などに導入する際に必要となる基 …

1 2 3 5 »
PAGETOP
Copyright © 秋田県産業技術センター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.