電子光応用開発部からのお知らせ – 秋田県産業技術センター
お知らせ
  • HOME »
  • お知らせ »
  • 電子光応用開発部からのお知らせ

電子光応用開発部からのお知らせ

分光エリプソメーター用反射率測定モジュールが導入されました

 分光エリプソメーター(Spectroscopic Ellipsometer)は光反射による偏光状態の変化を測定し、フィッティング解析することにより光学定数や膜厚、薄膜構造などを解析する装置です。このたび反射率測定モジュ …

IoTへの取り組みについて

 これまで、産業技術センターでは、IoT(モノのインターネット)技術の普及を目的とし、様々な研修会等に講師として研究員を派遣してきました。その一例として、昨年度行われました「リアル工場IoT開発ハッカソン(https:/ …

紫外線カメラのご案内

本設備は以下の特徴があります。 ・可視光では認識しづらい、物体表面のキズ、しみ、むら等を映し出します。 ・出力画素1360 (H) ×10 24 (V)の高解像度で12fpsの出力が可能です。 ・PCとUSB2.0で接続 …

空圧落下衝撃試験装置のご案内

・空圧落下衝撃試験装置は、衝撃波形を発生させ、試料台に取り付けられた試験品にその衝撃波を印加することで、製品の耐衝撃性を試験する装置です。 ・ 複数の加速度・パルス幅の衝撃波形を生成することができます。 詳しくはパンフレ …

分光エリプソメーターのご案内

 分光エリプソメーター(Spectroscopic Ellipsometer)は光反射による偏光状態の変化を測定し、フィッティング解析することにより光学定数や膜厚、薄膜構造などを解析する装置です。この計測手法は高い膜厚感 …

日本で初!地域の技術者が実際の工場を ターゲットにIoT機器を開発する研修会~ リアル工場IoT開発ハッカソン ~

 秋田県デジタルイノベーション戦略室及び秋田県産業技術センターの研究員を講師とし、株式会社三栄機械の工場で、地域の他社の社員を対象にIoT(モノのインターネット)開発実践を行う研修会を実施中です。これは、日本国内で初の試 …

プラズマCVD装置のご案内

 プラズマCVD(plasma-enhanced chemical vapor deposition)は、プラズマを援用する方式の化学気相成長で、薄膜を形成する成膜法のひとつです。化学反応を活性化させるために高周波を印加 …

IoT技術普及への取組

 今世の中ではIoTが話題になっていますが、秋田県では「IoT基礎技術研修会」を開催しており、産業技術センター研究員が講師を務めております。  本研修会では、実習を通してIoT技術を製造現場などに導入する際に必要となる基 …

MTF測定装置のご案内

本設備は以下の特徴があります。 ・撮像光学系(無限遠結像系のレンズ)を対象とした自動EFL、MTF測定が可能。 ・軸上,および軸外のTang./Sag.方向でのMTF、EFL測定が可能。 ・スルーフォーカス、ディフォーカ …

サポートセンター向け人工知能の開発・運用について

 北日本コンピューターサービス株式会社は、秋田県産業技術センターが持つ機械学習技術の技術移転を受け、自社のサポートセンター向け人工知能(AI)を開発し、運用を開始しました。行政向けソフトのQ&Aサポート向けに人 …

1 2 3 5 »
PAGETOP
Copyright © 秋田県産業技術センター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.