先端機能素子開発部からのお知らせ – ページ 3 – 秋田県産業技術センター
お知らせ
  • HOME »
  • お知らせ »
  • 先端機能素子開発部からのお知らせ

先端機能素子開発部からのお知らせ

伝導イミュニティ試験システムのご案内

 伝導イミュニティ試験システムは、電子機器に接続されるケーブル類に対して、外部から強い電磁波を注入した場合に、その電子機器が誤動作しないかどうかの耐性を評価するシステムです。特に、機器の誤動作が人命に係わる可能性が高い医 …

放射イミュニティ試験システムが導入されました

電子機器に対して外部から強い電磁波を照射した場合に、その電子機器が誤動作しないかどうかの耐性を評価する試験(放射イミュニティ試験)を行うシステムです。特に、機器の誤動作が人命に係わる可能性が高い医療用機器、FA機器、自動 …

蛍光X線膜厚計のご案内

 試料を前処理なしで、数分程度で手軽に元素分析できる装置です。10cm角程度の比較的大きな試料が挿入可能であることが特徴です。また、メッキ膜など、数ミクロンオーダーの膜厚の測定が可能です。 詳しくはパンフレットをご覧くだ …

触針式表面形状測定装置のご案内

 本装置は、基板上の膜厚段差、表面粗さ、うねりなどの表面形状の測定を行う装置です。使用頻度の高いコマンドはすべてアイコン表示されており、簡単な操作で高精度な測定・データ解析を行うことができます。 詳しくはパンフレットをご …

電子スピン共鳴測定装置のご案内

 電子スピン共鳴(ESR)測定装置は、静磁場中に置かれた試料にマイクロ波を照射することで起こるマイクロ波の吸収を定量評価する装置です。電子スピンに対する磁気共鳴現象を利用する測定方法で、不対電子や自由電子を直接かつ高感度 …

セラミック自動研磨装置のご案内

 セラミックスなどの高硬度材料を、研磨深さを制御しながら、短い作業時間で研磨する、研究室規模の加工装置です。剛性が大きく高負荷に耐える構造のため再現性が良好です。また、ダイヤモンド懸濁液や潤滑剤が、一定供給されるように制 …

薄型熱電変換デバイス技術について

 “薄い”、“軽い”、“曲がる”などの特徴を持つ新しい薄型の熱電変換デバイスに関する技術開発を行っています。“熱電変換”は、身の回りにある様々な熱(廃熱)を有効利用する技術の一つで、熱を電気に直接換える技術です。現在開発 …

卓上プラズマエッチング装置が導入されました

 この装置は、エッチング用反応性ガスを内径0.5~4 mmのノズルから吸引し、そのノズル先端に発生する局所プラズマを用いる加工装置です。ノズル内径程度の小さな領域のみを、高速かつ低ダメージでプラズマ加工できます。この技術 …

熱特性測定装置のご案内

 本装置は、JIS R1611-1997、JIS R1650-3-2002、JIS H7801-2005に準拠したレーザーフラッシュ法により、固体(金属、セラミックス、高分子、多層材料、異方性材料等)の熱拡散率α、比熱容 …

放電プラズマ焼結装置のご案内

 本装置は、黒鉛などの型に粉を詰めて、上下から加圧しながらパルス状の大電流(ON-OFFの繰り返し電流)を流すことにより、従来法に比べてはるかに短時間で焼結する装置です。金属粉、セラミックス粉、それらの混合粉などを原料と …

« 1 2 3 4 »
PAGETOP
Copyright © 秋田県産業技術センター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.